2008年11月28日

日々、音楽が流れ

石橋英子さんのレコ発に行って来た。
久しぶりに純粋にお客さんとして行ったイベント。
七尾さんも、もちろん主役の石橋さんもすばらしかったのだけど、

とにかくPARAが印象深かった。

レコ発からボロフェスタまで、なんだかんだで見れなかったライブが続いていたからだろうか。O-westの高い天井と分離の良いステージで、全部の音が構成的に聴こえたせいか。一瞬のリズムのずれをぐっと引き戻す瞬間、緻密な楽曲がふと解き放たれてフリーになる瞬間、ステージ上にいる四人が"音楽"そのものと綱引きする姿を目のあたりにしたからかもしれない。

それにしても、"Arabesque"を聴くと、いつだって泣きそうになるのだ。
そして、なぜだか分からないけれど、無性に誇らしい気持ちになるのだ。

僕はPARAが好きだと思った。


今週日曜のライブは、そんなPARAの、そしてウリチパン郡のメンバーでもある千住くんと共演する。彼からこの時期東京にいるのだと連絡を受けて、SuiseiNoboAzに紹介した。ボアズは相変わらず素晴らしい企画で迎えてくれる。

ゆーきゃんもひと月ぶりの with坂本健太郎。グレープフルーツムーンにあるアップライトピアノでライブする。JJと剣くんの新バンドが奏でる「うたもの」も、シタールとドラムでオンリーワンな空間をつくるcontiとの対バンも、とにかく楽しみ。

さり気なくも、たぶんもう二度とないメンツなので、どうか見逃さずに来て欲しい。


"SuiseiNoboAz presents「三軒茶屋商店街キャンプ」"
2008.11.30(日)三軒茶屋Grapefruit Moonhttp://www.grapefruit-moon.com/
[ACT]
 SuiseiNoboAz
 千住 宗臣(PARA、ウリチパン郡、exBOREDOMS)
 ゆーきゃん with 坂本健太郎
 CELL(Limited Express (has gone?)、チムニィ、あらかじめ決められた恋人達へ member)
 Conti
OPEN/18:30START/19:00
ADV./\2000 DOOR/\2500 (+1drink)



posted by youcan at 02:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

EACH NATION,AN EVEN SUN

名古屋を深夜一時に出発し、東名を走っていく車の中でMY DISCOと僕らはたくさん話した。
ほとんどはどうでもいい話―JJは3人に「ナマムギナマゴメナマタマゴ」と言わせようとして、benは次に日本に来たら女の子とどんなふうに会話するのかひとりで芝居をして、rohanはおにぎりの美味しさについて熱く語って、とにかく僕らは始終笑っていた。

初めて外国から来たバンドと一緒に移動し、宿を提供し、一緒にライブをした一週間。空港に迎えにいったときのぎこちない握手から、最後はこんな風にくだららない話で盛り上がれるようになるまで、ほんの束の間だった。

僕ら5人は、ほんとうに楽しんだのだ。benもliamもrohanも口々に「いままでで一番いいツアーだった」と言ってくれた。熱意ある各地のオーガナイザーと、刺激的な対バンの音楽と、MY DISCOの演奏にぐっと吸い付いていったお客さんの集中力こそが彼らに最高の舞台を整えてくれたのだと思う。

もっとたくさんの人に見せられなかったのは僕らの力のなさで、それは次への大きな課題。再来年またリリースをして再来日したいと言う彼らに、今度こそはもっと大きな場所を用意してあげよう。


さっきパソコンを開くとbenからメールが来ていた。
無事に着いた、ほんとに楽しかった、お世話になったすべての人にありがとうと伝えてくれという文面の最後に彼はこう書いてくれた―来年はMY DISCOとLimited Express(has gone?)、そしてゆーきゃんの3組でオーストラリアツアーをしよう。こっちはもうプランを立てはじめてるよ、と。


posted by youcan at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

Look,here is our JUNK Lab

東京公演、無事終わりました。
素晴らしいアクトが繋いでくれたリレーを、主役のMY DISCOが会心のパフォーマンスで締めてくれたのがとても嬉しかった。

彼らはきっと音楽が好きで好きでたまらなくって、自分たちの前にいいライブを見れば見るほどテンションが上がっていくタイプ。とくに昨日は始終楽しそうで、ライブ前には物凄くいい顔になっていた。なかでもnemoのことは本当に気に入ったらしく"I love nemo!!"なんてコメントも聞けた。
東京はこの2本でおしまいだけど、帰り際に何人ものお客さんがMY DISCOに「また来て!」と声をかけていたのを見て、ああ、このライブが次に繋がって行けばよいなと感慨もひとしおだった。

もちろんゆーきゃんwith MARSのライブも楽しかったです。ただひたすらに楽しかったです。感謝。

今日は彼らはオフ。若者たちに東京案内をお願いした。代々木公園に行きたいと行っていたな。今頃はどの辺りにいるのだろう?


明日からはいよいよ関西。Shining April、helluva loungeのサポートを受けての大阪神戸、そして京都は渾身の自主企画。どの日もめちゃくちゃに面白いラインナップ。もちろんMY DISCOも最高のアクトで魅せてくれるはず。

会場では彼らがオーストラリアから持ってきた、アナログ盤も売っています。ぜひ遊びに来て下さい。


"Shining Sound System vol.37"
2008.11.6(木)大阪 UNAGIDANI SUNSUI(http://www.sunsui.net/)
ACT:
MY DISCO
ULTRA Jr.
スクイズメン
YAWN TV
ゆーきゃん
OPEN/18:30 START/19:00
ADV./\2000 DOOR/\2500


11.7(金)神戸 helluva lounge(http://www.helluva.jp/lounge/
ACT:
MY DISCO
ULTRA Jr.
BLONDnewHALF
アタメ
ゆーきゃん
OPEN/18:30 START/19:00
ADV./\2000 DOOR/\2300


11.8(土) 京都UrBANGUILD(http://www.urbanguild.net/)
ACT:
MY DISCO
ULTRA Jr.
bed
RATVILLE
ゆーきゃん
OPEN/18:30 START/19:00
ADV./\2000 DOOR/\2500

ゆーきゃんは、全公演トップバッターです。
僕は、ブッキングではいつも一番目だと散々なくせに、イベントのオープニングを飾る場合はものすごくいい仕事をする傾向にあります。
posted by youcan at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

痛感

マイ・ディスコが山形のちいさなスタジオで(リハーサルスタジオとしては大きい方だったけれど、オーストラリアでは1000人規模の会場を軒並み埋めているという彼らにとってはなんと小さな場所だったことか!)ぶん殴るように、しかもぶっきらぼうではなく息を潜めて狙い澄ましたように、発したその音楽。

死ぬかと思った。
死んでもかまわないと思った。

それは甘美な自己放棄ではなくって、
無機質なトランスでもなくって、
生まれて初めての不思議な感覚だった。

かつて音楽は数学だったのであり、
同時にどうしようもないブルースだったのだと思い出す。

あんなにも凶暴で優しい音楽を、
無骨でスタイリッシュで人間の猛烈な温度に満ちた音楽を、
すくなくとも音楽の中にそれらの要素が共存しうるのだと感じた瞬間を、僕は知らない。


マイ・ディスコが来日している。
この3人が、貴方の目の前で演奏する。
貴方はそれをしっかりと受け止めるべきだと思う。
受け止めに来て欲しいと思う。


"MY DISCO JAPAN TOUR 2008 東京公演"
11/4(火) at 渋谷 O-nest(http://shibuya-o.com/category/nest/)
ACT:
MY DISCO (from Australia)
Limited Express (has gone?)
nemo
aie
ゆーきゃん with MUSIC FROM THE MARS
OPEN/18:30 START/19:00
Adv./\2300 Door/\2800

順番は上記の逆です。ゆーきゃんwith MARSは一番目ということになります。でも、もし間に合わなくっても、それでも遊びに来て欲しいと思っています。そして僕が受けたあの衝撃をすこしでも感じてもらえたらと、願っているのです。

posted by youcan at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。