2007年09月05日

9月のライブ

1日。
ベアーズの20周年スペシャルイベント。ギューンカセットのCDをレーベル買いしていた僕にとっては、ゲントウキ、ぱぱぼっくす、そしてフリーボという対バンは奇跡のように思えた。
とくにフリーボをライブで観られたことには感動を隠せない。なんだろう、あの気持ちは。こんな気持ちになったのは、さかなをボロフェスタに呼んだとき以来だったと思う。

それにしても、ベアーズのステージはなぜあんなにも落ち着くのだろうか。w.h.b.fでは始めての出演だったのだけど、ずっと前からここでやっていたような気がしたのだ。

セットリスト
1.プリズム
2.真冬のうさぎ
3.ラプソディ
4.詩月
5.エンディングテーマ


2日。
SOLE CAFEは小さなカフェ。正方形にちかい部屋に、イスを30個ほど並べて皆が歌を聴く。
天井が高いからなのか、部屋の形が丁度いいのか、きれいに音が響くので、とても好きだ。
昨日に引き続きフリーボ、ゲントウキと一緒。この人たちの歌には、どちらも、音楽をいとおしむ気持ちがすごく詰まっていて、聴いているとほんとうに嬉しくなってくる。
ゲントウキ田中君とは二度目なのだけど、この二日間で共感と尊敬をたくさん覚えた。

セットリストは、実は覚えてない。たぶんこうだったと思うのだけど・・・

1.マリー
2.天使のオード
3.明けない夜
4.夢の中へ
5.Y.S.S.O
6.sang

アンコール
1.post coda
2.sea of love


最近気付いたこと。
実は「うたうこと」が好きじゃない。
ただ、うたうことの向こう側にある何かを必要としているだけ。
あるいは、うたうことが、自分にできる「音楽になる方法」だから。

それでいい。
結局のところ、うたわなくてはならないのだから。


次は、何度も書いているが、これ。
僕のホームページからも予約が出来るようになった。
"sang"ゆーきゃんを知った人も、先月O-nestで初めてw.h.b.f.を観てくれた人も、ソロのゆーきゃんを今度はぜひ観て欲しい。
そしてこの雑多で滅茶苦茶のように見えて、じつはすごく刺激的で説得力のあるブッキングを楽しんで行って欲しい。これがボロフェスタのエッセンスなのだ。

「東京ボロフェスタ」
9月9日(日)渋谷O-nest
出演:THE BEACHES
   ULTRA Jr. [JJ(from Limited EX.), hide(from Ultra bide), Reo(ex. ni-hao!)]
   タカツキ
   ゆーきゃん(ソロ)
   イルリメ
   ロボピッチャー
   赤い疑惑
   FLUID
   ゲントウキ
   nhhmbase
   DJ 西村道男(Nur.,新宿Rolling Stone)
開場/開演: 15:00
前売り:2500円 / 当日:3000円(ともに1drink代別)
ゆーきゃんは15:30からの出演です。

出演者情報等、詳細は
http://www.borofesta.com
タイムテーブル間もなく公開!


posted by youcan at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。