2007年12月31日

迷いの灯

迷いの灯に僕ら羽根の様に震えて
師走の街をふわふわと漂った
ただ新しい朝を夢見ながら

帰り道に見上げる古びたテレビ塔は
狂った夜を越えてゆっくりと話し出す
ただ新しい朝を夢見ながら

誰の事も置いてゆかないように
誰の事も忘れてしまわないように
躓く石をずべて照らすように
迷いの灯をかざし
凍えた手いまここで分かり合えた振りで笑ってよ
笑ってよ
ただ新しい朝を夢見ながら


posted by youcan at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。