2010年04月24日

無題

 ちょっとした撮影があって、朝、嵐電に乗って鹿王院まで行った。普段使っていないから、ではあるけれど、嵐電に乗るとそれだけで嬉しくなる。
 電車を降りてまず向かったのは、緑の多い、こじんまりとした団地。平屋の集会場を囲むようにして、二階建ての長屋、マンション型の集合住宅が何棟か並ぶ。
 何枚かの写真を撮り終えたのち、撮影ディレクタに連れられて、その先の路地を抜けてゆくと、小さな踏切があった。ここで撮ります、と彼女は言い、ぼくらは渡りきらずに真中で立ち止まり、石の上に降りる。遠くを見れば、嵯峨野線のまっすぐな線路がずっと続いて、やがて掠れてゆく。とてもよい眺めだった。


 帰り道は、ふとした気まぐれで天龍寺に立ち寄る。並ぶのが嫌だったので本堂は諦めて、庭だけの拝観料を払って小さな門をくぐる。
 石庭を抜けて、池を眺め、築山を登って、降りて、一回りした。庭中のあちこちにいろんな花。とくに印象に残ったのは、何種類ものつつじ、しゃくなげ、山吹、藤もどき(藤と間違えた)、八重桜、そして蘇芳。色の名に「すおう」(赤黒い色)という呼称を残しているくせに、白い花を付けているものもあって、考えると可笑しかった。

 4月終わりの緑は本当に美しいと思う。木々が放散する色のなかで、いちばん鮮やかだ。
その中を歩くだけで満足してしまって、すっかり忘れていたのだが、あの庭は、嵐山に借景していたのだった。それを見ておけばよかったと、いま思い返して悔んでいる。

 庭を歩くのは楽しい。誰がどんな目的で築いたのか、歩くだけのぼくらは気にしても気にしなくてもいい。たとえば夢想疎石という人がどんな思想を以てここを作ったのか、どんなメッセージをこの池に託したのか、この花はどういう効果を期待して植えられているのか ― 知っていても知らなくても、ただ眺め、巡り、憩うことができる庭。
 そしてこういう庭を、カフェやバーと同じように、みんな幾つかお気に入りとして自分の中にもっておけばいい、と思うのだ。



posted by youcan at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々、時々雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。