2013年05月31日

髪を切るのにうってつけの日

 これは、昔つきあっていた女の子がくれたメールの表題。たぶん、サリンジャーの"A Perfect Day for Bananafish"をもじったのだと思う。

 悼む、という動詞にはどうしてもぴんとこなくて、フェイスブックにはハナムケと書いたんだけどそれもどうも違う気がして、とにかく吉村さんに見せられないから意味があるのかないのかも分からないまま、それでも自己満足だけじゃないってことはほとんど確実な気持ちで、白梅町に最近できたばかりらしい美容院に駆けこんで、パーマの当たってるところと茶色のところを全部切り落としてくださいとお願いして、さくさくと落ちてゆくくるくるの髪を見るたび名残惜しいような爽快なような微妙な気持ちで何枚も写真を撮った。美容師さんは呆れたような共感するような、こちらもまた微妙な目でそれを眺めていた。

 「バナナフィッシュにうってつけの日」の主役は、バナナを食べる魚の話をする。バナナ魚たちはバナナ穴へ飛び込んだとたん行儀が悪くなり、バナナをむさぼり食べて太りすぎてしまい、入った穴からもう戻れずにバナナ熱にかかって死んでしまうそうだ。彼はその話を友人の娘に語って聞かせ、その晩ピストルで自分の頭を撃ち抜いてしまった。バナナフィッシュとは彼のことだったのだろうか。いつかバナナ穴へ入らなくてはならない自分の運命を知っていて、戻れなくなることに耐えられなかったんだろうか。

 ぼくは髪を切っただけだから、それが何か意味づけを必要とするほど大それたことではないし、いくらなんでも感傷的すぎるというものだ。まあ、考え事をするときに髪をくしゃくしゃにする癖がもう役に立たないと知るのはそれなりにショックだったけれど。

 みんなどんどん年をとってゆくわけで、作るものはどんどん色あせるわけで、そんな中でも諦めることなく自分に向かって問いかけと答えを繰り返してゆかなくてはならなくて、この先にも問わねばならない物事と回答期限の迫った白紙の答案用紙がないまぜになって山積みだと知りながらも、とりあえず今日のライブは駅まであの曲とあの曲とあの曲を口ずさみなながら歩いてゆくことだけ決めている。悪い大人の手本は一足先に行ってしまったけれど、これからもたくさんの人に愛され続けるに違いないあの人とあの人の音楽、その後ろからここでもまたひとり、いまだ大人になりきれない中途半端なうたうたいが彼の歌を鼻歌で。
posted by youcan at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック